お役立ち 日本の文化を英語で紹介しよう 英語例文集

ホワイトデーを英語で説明してみよう!お返しの意味や義理チョコ本命チョコは?

投稿日:2019年1月22日 更新日:

 

バレンタインデーの1ヶ月後はホワイトデー。
お菓子やプレゼントのやりとりをするのは恒例行事です。

しかし実は、ホワイトデーは日本を中心とした一部のアジア圏にしかない文化なんです。

バレンタインも、欧米では女性が男性にチョコをあげるイベントというよりは、友人や家族など親しい人とチョコをプレゼントし合うイベントなので、日本とはちょっと違います。

日本では定番行事になっている上に、「White Day」と表記されるからには世界共通なのかと思いがちですが、よほど日本通の方以外には通じません。^^;

そんなホワイトデーはお菓子メーカーの策略で始まったイベントとはいえ、今では日本の欠かせないイベントのひとつなので、ぜひ英語で説明してみましょう!

 

スポンサーリンク

ホワイトデーを英語で説明してみよう

ではまず、ホワイトデーの概要を英語で説明してみましょう。

 

日本では3月14日に、バレンタインデーに女性からチョコレートをもらった男性がお返しをする習慣があります。
In Japan, we have a custom of men who got chocolates from women on St. Valentine's Day give something in return to those women on March 14th.

それをホワイトデーといいます。
It called “White Day”.

ホワイトデーはもともとは菓子業界が売り上げアップのために始めたキャンペーンですが、今では日本の恒例行事になりました。
White day was originally put forward for the purpose of sales by the confectionery industry as a campaign. But it has become an annual event now in Japan.

バレンタインのお返しとして、キャンディーやクッキー、紅茶やコーヒーなどが人気です。
As a return for the Valentine's day gift, candies, cookies, teabags or drip coffee bags are popular.

 

POINT

長い文章をスピーチする場合は、ブロックごとに区切って話すようにすると伝わりやすいです。

In Japan, we have a custom of men who got chocolates from women on St. Valentine's Day give something in return to those women on March 14th.

White day was originally put forward for the purpose of sales by the confectionery industry as a campaign. But it has become an annual event now in Japan.

こんな感じでブロックわけしてみてください♪

スポンサーリンク

 

ホワイトデーのお返しの意味を英語で説明してみよう

 

ホワイトデーのプレゼントには、それぞれ意味があるとも言われています。
These gifts have several meanings.

キャンディー「交際OK」
クッキー「お友達でいましょう」
マシュマロ「ごめんなさい」
candies=“I like you,too.”
cookies=“Let’s just be friends.”
marshmallows=“I’m sorry.”

 

こんな意味があるとは知らない方も多いのではないでしょうか。
この裏の意味は最近では廃れているようで、若い世代には既に知られていないそうです。

 

もともとは、女性が好きな男性にチョコレートを贈る日ですが、今では会社の同僚や上司などにも感謝の気持ちを込めて「義理チョコ」を贈るのも一般的になっています。
Originally, it was a day where females gave chocolate to a male they like, but it is also common that females give male colleagues and bosses “giri-choco” to show appreciation now.

 

ここで「義理チョコ」という言葉はそのまま「giri-choco」と置き換えてみました。
「義理」という単語は英語にもありますが、義理人情の義理は日本独特の文化であり、直訳ではしっくりこないんです。
そのせいか英語版Wikipediaにも「giri-choco」と表記されていました。

 

 

義理チョコと本命チョコを英語で説明してみよう

そんな義理チョコですが、それなら英語でどう説明しよう?となりますね。

Giri-choco means obligatory chocolate or courtesy chocolate.

“obligatory”は直訳で「義務」”courtesy”「特別の扱い、優遇、好意」といった意味があります。
実際の日本語の義理はこの中間のような意味ですよね。

 

義理チョコは、友達や同僚に感謝の気持ちを伝える贈り物です。
Giri-choco is a chocolate gift for friends and co-worker to express gratitude.

 

この方が伝わりやすそうですね。

 

では本命チョコはなんと説明しましょうか。

 

あなたが好きな人に贈るチョコレートを「本命チョコ」といいます。
A chocolate you give to someone you love is called "honmei choco," or a heartfelt chocolate

 

こちらはストレートにこう言えば伝わると思います!

私なら「Honmei means true love!」(honmeiとは真実の愛です!)と付け加えてしまうかもしれません。^^

 

 

最後に

日本独自の文化を外国人の方に伝えるのは難しいですが、
うまく伝わるとひとつ分かりあえたような気持ちになれますよね♪

日本のバレンタインデーとホワイトデーは、今では日頃の感謝の気持ちを伝える素敵な文化になったと思います。

ぜひこの記事を参考にしつつ、あなたの言葉も交えて説明してみてください。

 

スポンサーリンク

-お役立ち, 日本の文化を英語で紹介しよう, 英語例文集
-

Copyright© Easy Going♪ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.