お役立ち

ゴールデンウィークに予定がないと子供は寂しい?家で何する?旦那さんも休みなら?

投稿日:

 

ゴールデンウィーク、子供と何をしよう、どこへ行こうと悩んでいるお母さんは多いと思います。
でも、実際観光地やテーマパークなどは混雑しているし、海外旅行は料金も高騰していて厳しいですよね。

「じゃあどこにも行かないのは?子供にとってどうなの?」

そんなふうにお悩みのお母さんへ向けて、この記事を書きました。
もしよかったら参考にしてみてください♪

 

スポンサーリンク

ゴールデンウィークに予定がないと子供は寂しい思いをしてしまう?

そんなことはありません!
小さなお子さんは親と一緒にいられることが何より嬉しいことなんです。

そもそも、小学校低学年くらいまでは旅行に連れていってもあまり記憶に残りません。
私も幼少期は国内外いろんな所に連れて行かれたそうですが、きちんと記憶に残っているのは小学校5,6年生以降です。

混雑する観光地に行っても小さな子供は疲れてしまうばかり。
渋滞で車の中に缶詰にされるのも退屈でたまりません。

旅行よりも、普段仕事でいないお父さんと近所の公園で遊んだり、家でお母さんに料理を教わったりお手伝いをすることの方が記憶に残りやすいんです。

子供にとっては、お父さんとお母さんが揃って毎日家にいること自体が「非日常」なんですね。

そんな中で、積極的に子供と関わって楽しく遊べば充分にGWの思い出になるでしょう。

 

〜余談〜
休み明けに、旅行に行った友達の話を聞いて自分と比べてしまわないか、と心配される親御さんも多いと聞きます。
ですが、それはそもそも比べてどうこうという話ではないはず。
「よそはよそ、うちはうち」と教えるチャンスですし、案外子供は比べたりしないものだともいいます。
家族で思い出作りができていれば、ハワイだろうと家の中だろうと関係ないんです。

友人が子供をグアムに連れていったのに、夏休みの思い出の印象画は誕生日に買ってもらったおもちゃだったそうですよ。
うちの息子はセブンイレブンのスタンプラリーを描いてました。
クラスに他にも何人かいましたよスタンプラリー描いてる子。
子供の特別は大人と違いますから、無理せず子供の楽しいことをしてあげればいいですよ。
出展:Yahoo!知恵袋

 

ゴールデンウィークに子供と家で何をする?

 

家でできることは、考えてみれば意外とたくさんあります。
普段忙しくてできないことでも、連休中なら時間をかけてやれることもあると思います。

・普段共働きなら、昼間に親と一緒にいるだけでも子供は楽しいはず。
本を読んであげたり一緒にDVDを見たり、家事をしながらではなく親もゆっくり「一緒に」過ごすことが大切です。

・ピザ作り、ケーキ作りなど、普段は手間がかかってやらないことを子供と「一緒に(または子供主体で)」やってみる。
料理の他に家具の補修やちょっとした小物を作ったりするDIYも良いでしょう。

・一緒にプチ大掃除。この時期に大掃除をすれば年末の大掃除も楽になりますね。

・数独(ナンプレ)やクロスワードを一緒に解いたり、クイズの出しっこをしたりして「一緒に」頭を動かす遊びをする。
お互いに頭の体操になりますね。

・ボードゲームやカードゲームは、わざわざ買うほどでもないかもしれませんが、もしあれば子供とってはかなり楽しい遊びになることでしょう。
普段は制限するお菓子やジュースなども解禁して、プチパーティーみたいな雰囲気にしても楽しいですね。近所のお友達を呼ぶのも良いでしょう。

 

スポンサーリンク

ゴールデンウィークに旦那さんが休みなら協力してもらおう

普段の土日は仕事で疲れているお父さんでも、連休なら子供と一緒に遊ぶ余裕もあることと思います。

お子さんも普段遊べないお父さんとなら、どこへ行っても何しても楽しいはず。
普段行く公園でもお父さんとだとまた違います。

せっかくなので遊具が充実している大きめな公園に出向いたり、男の子ならスーパー銭湯に連れて行ってもらうのも良いでしょう。

意外とアナログな図書館もおすすめです。
子供は絵本や図鑑など年齢相応の本を見て楽しめるし、旦那さんも自分の興味のある本を読んで時間を潰すことができます。
私も幼少期は父親に私立図書館へ連れて行ってもらうのが何よりの楽しみでした。帰りにラーメン食べるのが定番でしたが、それも嬉しかったです。

 

〜旦那さんへの頼み方のコツ〜
自分から動いてくれない旦那さんには「ちょっと、ダラダラしてるなら子供連れて出かけてきてよ」なんて言い方は絶対NGです。

「◯◯(お子さんの名前)がお父さんと△△(場所)へ行きたいって言ってたよ」
「図書館て子供が喜ぶらしいよ。連れていってあげてくれない?」

などと、気分を悪くさせない言い方で工夫しましょう。
もしかしたら重い腰を上げさせないといけないかもしれませんが、お子さんの為、そして奥様ご自身が自分の時間を作る為にも、協力してもらいましょう。

 

最後に

GWだからといって遠くで出かけなければいけないことはありません。
確かにメディアやネットは華やかなGW特集で持ちきりですし、実際旅行に出かける家族はまわりにも多いかもしれません。

ですが、大切なのは「自分の家族にとって楽しい休暇ってなんだろう?」ということです。

お母さんは無理なく、働くお父さんは程よく体を休め、子供は楽しく遊ぶ。
これができれば充分なのではないでしょうか。^^

ぜひ楽しいGWをお過ごし下さい♪

 

スポンサーリンク

-お役立ち
-

Copyright© Easy Going♪ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.